« 城の茶屋 さーたーゆー | もんじゃ焼き »

2014.05.11

小岩井純良バター

        

最近、うちの近所に成城石井ができました。家からとっても近いので、毎日の買い物が打って変わって便利になって、普通のスーパーで置いてないものがたくさんあって、買い物がどんどん楽しくなりました。

一生懸命に頑張っているつもりですが、やはりあたしはあんまり料理のセンスがなくて、毎日の料理は戦いのようなもので、大変悩みますが、成城石井ができてから、我が家の食卓はもっと豊かになってきて、成城石井のものが安全安心なイメージがあるし、栄養をちゃんと考えられるお惣菜に、恥ずかしながら、本当に助かられています。

お惣菜にも関わらず、同じジャンルのものでも、色んなブランド、産地で作られた多種類のものが多く、バターを買っても、相同悩みます。だって、色んなバターがあるから、どれにしょうって見る見るうちに分からなくなります。

散々銘柄や産地を見て考えて、試した挙句、我が家のベストバターは「小岩井純良バター」になります。このバターは乳酸菌も加えられて発酵させたバターなので、胃腸に優しくて、香りがすごくよかったです。何より、このバターは国産なので、明治32年、まだ日本にほとんど発酵バターのない時代から、改良を重なり、作られて、農林大臣賞まで受賞された製品で、昔ながらのシンプルで、濃厚なバターです。

普段は、カロリーを気になって、あんまりバターは食べないようにしているけど、やはり小岩井純良バターの誘惑に負けてしまい、あたしの大好きなフジテレビのバラエティ番組を見ながら、フランスパンやポテトチップスにこのバターをつけて食べてしまいます。後で食べすぎだと後悔してしまうことが多いけど、やはり美味しくてやめられません。



  • 最近の記事

  • ページ

  • カテゴリー

  • アーカイブ