« 小岩井純良バター | 我が家はドラマシアター »

2014.12.02

もんじゃ焼き

世の中にはとても不思議な食べ物があります。

例えば、”くさや””シュールストレミング”などなど、しかし、私的には、もんじゃ焼きも十分におかしな食べ物だと思います。

小麦粉を水でのばし、具(キャベツ、肉、魚介、ベビースターラーメンなどなど)とかき混ぜて、鉄板に土手を作ります。

dsc_0111.jpg

中央に窪みができたら、ソースなどで味をつけた小麦粉水を入れてかき混ぜます。

水っぽさがなくなってきたら完成!

dsc_0112.jpg

小さな小手で端の方から少しづつ食べていきます。

昔の駄菓子屋さんで作っていたので、ベビースターラーメンを使ったりするのですが、子供たちとしては、最終的にぐちゃぐちゃにするので、失敗がないし、とりあえずある具をなんでも入れていいという手軽さが下町の子供の心をつかんだと思います。

でも、これ、一番最初に考えて食べた人が結構すごいと思います。

挑戦する気持ち、勇気が問われると思います。

たぶん、納豆やブルーチーズなんかも同じようなものだったと思います。

基本的には、やっぱりお好み焼きの方が好きです。

  • 最近の記事

  • ページ

  • カテゴリー

  • アーカイブ